実写版「ダンボ」の企画が進展!監督にティム・バートン!

「アリス・イン・ワンダーランド」でディズニー名作アニメの実写化ブームに火を付けたとも言えるティムバートン監督が、今度は実写版「ダンボ」の監督に起用されたようだ。

ティムバートン監督が実写版「ダンボ」のメガホンをとる

本作は「トランスフォーマー」シリーズの脚本家アーレン・クルーガーが執筆しており、「オブリビオン」のジャスティン・スプリンガーとともにプロデュースも手がけることになっている。

ストーリーは、とある家族とダンボの出会いから始まるようだ。
キャスティングについては全く未定。


2015年4月25日には実写映画「シンデレラ」が日本公開。
さらに「美女と野獣」の実写化企画も進行しており、2016年には公開予定。
映画「ダンボ」はその後の作品になりそうだ。


ちなみにワーナー・ブラザースは、ジョン・ファブローが監督し、ベネディクト・カンバーバッチ、クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェットの出演で「ジャングル・ブック」を実写化。
こちらは既に撮影が開始されている。


情報源:collider.com


関連記事
ディズニー「ダンボ」が実写映画化!脚本は「トランスフォーマー」シリーズのアーレン・クルーガー







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment