トム・クルーズ主演「アウトロー」続編の監督は「ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック

リー・チャイルドの全米でベストセラーとなっているシリーズ小説を映画化した「アウトロー(Jack Reacher)」の続編が製作される。
監督を務めるのは、主演のトム・クルーズと「ラスト・サムライ」でタッグを組んだエドワード・ズウィック。

トム・クルーズ アウトロー

「アウトロー」は街から街をさすらう元軍の秘密捜査官だった男が、たった一人で悪に鉄拳を食らわすさまを描いたアクション。
「ユージュアル・サスペクツ」の名脚本家クリストファー・マッカリーが監督を手がけ、「ミッション : インポッシブル‐ローグ・ネイション」のメガホンを託されるきっかけとなった。





続編は2013年に出版された「Never Go Back」を基に描かれるようだ。

リーチャーが元同僚の女性と再会するため、かつて所属していたバージニア州の米軍を訪れるが、司令官となったその女性は逮捕されていた。
そしてリーチャーも身に覚えのない犯罪容疑で逮捕され、彼は自分なりのやり方で真実を追求していく。



情報源:deadline.com







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment