「岸辺の旅」黒沢清監督がカンヌで日本人初の監督賞受賞!

映画「岸辺の旅」の黒沢清監督が、第68回カンヌ国際映画祭のある視点部門で監督賞を受賞。
監督賞は日本人として初めての受賞となった。

映画 岸辺の旅



黒沢清監督は、2008年にも香川照之、小泉今日子出演の「トウキョウソナタ」が第61回カンヌ国際映画祭のある視点部門で審査員賞、第3回アジア・フィルム・アワード作品賞を受賞。
2012年には前田敦子主演の「Seventh Code」で第8回ローマ映画祭最優秀監督賞を受賞している。


映画「岸辺の旅」は愛する人との永遠の別れを描くラブストーリー。
湯本香樹実の小説を原作に、死んだ夫と旅をする妻の姿を描く。
主演は深津絵里、浅野忠信。



映画「岸辺の旅」は10月1日公開。

公式サイト:http://kishibenotabi.com/







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment