「ナルニア国物語/第4章:銀のいす」の脚本初稿が遂に完成!!

映画「ナルニア国物語」4作目の脚本を任されていたデヴィッド・マギーが最終的な草案(脚本の下書き)が完成したことをツイッターで報告した。

ナルニア国物語


デヴィッド・マギーは、2004年の「ネバーランド」、2012年の「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされた脚本家。

2013年末に「ナルニア国物語」に携わることが発表されていた。




物語は原作全7部のうちの4作目「銀のいす」を基に描かれる。
ナルニア年代記として時系列順にみると6番目。
カスピアン王時代末期の物語である。

ストーリーは――。
カスピアン王の息子、リリアン王子は若いうちに魔女によって誘惑され、拐われて行方不明になっていた。
カスピアン王の晩年、突然、ふたりの人間の子ども達がアスランの命を受けて世界の果てからやってきた。
このふたり、ユースチスとジルは、行方不明の王子を探す旅に出ることになる。

ペベンシー家の兄弟が登場しない初めての作品となる。

情報源:narniaweb.com







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック




これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment