漫画「僕だけがいない街」が藤原竜也、有村架純共演で実写映画化

『マンガ大賞』『このマンガがすごい!』でも取り上げられ、アニメ化も決まっている三部けいによる人気コミック「僕だけがいない街」が実写映画化することが明らかとなった。




メガホンをとるのはテレビドラマ「JIN-仁-」の平川雄一朗。
主役を藤原竜也。ヒロインを有村架純が演じる。
他に石田ゆり子、及川光博らが出演。
映画の公開は2016年春を予定しているようだ。


「僕だけがいない街」のストーリーは――

主人公の藤沼悟は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまう、「再上映(リバイバル)」という特殊能力を持っていた。

殺害された母を救うために、18年前の小学生の頃に起きた児童連続誘拐事件の犯人を追う。
リバイバルによって、大人の心を持ったまま小学生の過去をやり直し、現在と過去に起こる事件の謎を解き明かしていく。


情報源:natalie







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック




これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment