「X-MEN:アポカリプス」はシリーズ最終章であり、新シリーズの幕開け!?

X-MENシリーズの第6作目となる「X-MEN:アポカリプス」は、これまでの作品の完結作となるが、新たなX-MENの誕生となることを、監督のブライアン・シンガーが語った。

X-MEN アポカリプス apocalypse

これまでにヒュー・ジャックマンがウルヴァリン役から、ジェニファー・ローレンスがミスティーク役から卒業するという発言があり、今作で一旦終了するだろうと予想されていた。



「アポカリプス」のストーリーは1983年が舞台であり、ジェームズ・マカヴォイやマイケル・ファスベンダーが主演した「ファースト・ジェネレーション」シリーズの続編となる。
シリーズの1~3作目に登場したサイクロップス、ジーン・グレイ、ストームらが学園の生徒として若い姿で再登場。
つまりそれは、ミュータント集団「X-MEN」の発足を意味する。

ブライアン・シンガー監督は「This is the true birth of the X-Men,」とコメント。

今後シリーズを続けていくならば、この若いX-MENが中心となっていきそうだ。

情報源:ew.com


そして、20世紀フォックスは「ニュー・ミュータンツ」を映画化する計画があるようだ。
コミックでは若いミュータントを集めて結成させたチームの活躍が描かれ、カルマ、ダニエル・ムーンスター、キャノンボール、サンスポット、ウルフスベーンらが登場している。
もしかするとこの作品が「アポカリプス」で結成された新たな「X-MEN」の物語を描くものになるのかもしれない。


関連記事
「X-MEN」最新作が2018年公開で「ファンタスティック・フォー」とクロスオーバー!?
X-MENシリーズはまだまだ続く!若いミュータントの活躍を描く「ニュー・ミュータンツ」をジョシュ・ブーン監督で映画化
ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じるのは次が最後!
「X-MEN:アポカリプス」でジェニファー・ローレンスがシリーズ最後の出演になることを明かした!






ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック




これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment