ハリウッド実写版「デスノート」が進展!主役候補が判明!

日本では映画、ドラマと実写化された人気コミック「DEATH NOTE(デスノート)」がハリウッドでも実写化する計画がある。
その主役として「きっと、星のせいじゃない。」などのナット・ウルフの名前が挙がっている模様。

ナット・ウルフ デスノート




「アイアンマン3」のシェーン・ブラック監督や「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」などのガス・ヴァン・サント監督が手掛ける予定だったが、現在は「ザ・ゲスト」「V/H/S シンドローム」などのホラー映画界の新鋭アダム・ウィンガードがメガホンをとることに決まっている。

脚本は、リブート版「ファンタスティック・フォー」のジェレミー・スレイターが執筆しているところだという。

公開日などについてはまだ明らかになっていないが、2016年の春には撮影開始を目指すようだ。


情報源:variety







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment