アメリカ版スーパー戦隊映画「パワーレンジャー」のピンクレンジャーが決定!

日本の「スーパー戦隊シリーズ」のスーツをそのままに、キャストやストーリーを変更して放送しているアメリカのTVドラマ「パワーレンジャー」が、「トランスフォーマー」や「X-MEN」などのスタッフにより映画化される。
そのキャストの一人がナオミ・スコットに決定したようだ。

出典:instagram.com/powerrangerspics/




ピンクレンジャーを演じるナオミ・スコットは、リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演のの「オデッセイ」などに出演。

本作は「プロジェクト・アルマナック」のディーン・イズラライト監督がメガホンをとる。
また脚本を「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「マイティ・ソー」のアシュリー・エドワード・ミラーとザック・ステンツ。
リブート版「スター・トレック」「トランスフォーマー」「アメイジング・スパイダーマン2」などの脚本や製作総指揮を手がけてきたロベルト・オーチーがプロデュースする。

映画の公開は2016年7月22日としていたが、2017年1月13日に変更となった模様。


「パワーレンジャー」は1993年に「恐竜戦隊ジュウレンジャー」を基にして始まり、連続したシリーズとして現在も放送している。
「忍風戦隊ハリケンジャー」は「パワーレンジャー・ニンジャストーム」
「天装戦隊ゴセイジャー」は「パワーレンジャー・メガフォース」とタイトルを統一し、日本のスーパー戦隊とは異なり、全てが同一の世界となっている。
2015年現在は「獣電戦隊キョウリュウジャー」をモチーフにした「パワーレンジャー・ダイノチャージ」を放送。







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment