アンジェリーナ・ジョリー監督作、日本軍捕虜となった男を描く「アンブロークン」が日本公開決定!

女優アンジェリーナ・ジョリーがメガホンをとった第二作目「Unbroken」が、「不屈の男 アンブロークン」の邦題で2016年2月に公開されることが明らかになった。

映画 不屈の男 アンブロークン

映画「シービスケット」の原作者のローラ・ヒレンブランドが、1936年のベルリン・オリンピックに陸上選手として出場したルイス・ザンペリーニの生涯を題材にしたノンフィクションが原作。

第2次世界大戦中、日本軍の捕虜となったルイスが過酷な日々をいかに生き抜いたかを描いている。




「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」「名もなき塀の中の王」のイギリス人俳優ジャック・オコンネルが主演。
ルイスを目の敵にする残忍な看守のワタナベ伍長をミュージシャンのMIYAVIが演じる。

映画「不屈の男 アンブロークン」は2016年2月公開。

公式サイト:http://unbroken-movie.com/







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment