ハリウッド実写版「攻殻機動隊」笑い男役の候補にサム・ライリー

スカーレット・ヨハンソン主演で実写化される「攻殻機動隊(Ghost In The Shell)」の悪役候補が判明。
「マレフィセント」のディアヴァルを演じたサム・ライリーが、笑い男となるようだ。





「攻殻機動隊(英題:Ghost In The Shell)」は士郎正宗による漫画作品。
1995年、押井守監督により劇場版アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」が公開され、特に海外で高い評価を受けた。
その後テレビシリーズや新たな劇場版など長きに渡るシリーズとなっている。

笑い男(The Laughing Man)はTVアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」に登場する天才ハッカー。
サイバーテロ事件を起こし、物語の中核をなす存在である。


主人公の草薙素子にあたるキャラクターを「アベンジャーズ」などのスカーレット・ヨハンソン。
バトーにあたるキャラクターを「LUCY/ルーシー」に出演したピルウ・アスベックが演じる予定。

メガホンを取るのは「スノーホワイト」のルパート・サンダーズ監督。
2017年3月31日に全米公開予定。


情報源:deadline


関連記事
実写版「攻殻機動隊」のバトー役がピルウ・アスベックに決定
ハリウッド版「攻殻機動隊」の公開が前倒し!
ハリウッド実写版「攻殻機動隊」の主演にスカーレット・ヨハンソンが正式に決定!


「攻殻機動隊」関連情報 速報







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment