「ミッション:インポッシブル6」の脚本は引き続き前作監督クリストファー・マッカリー!メガホンを取る可能性も!

トム・クルーズ製作・主演の人気シリーズ「ミッション:インポッシブル」の次回作の脚本家が決定。
5作目「ローグ・ネイション」の監督・脚本を手がけたクリストファー・マッカリーが手掛ける。
さらに、毎作監督が交代するのが通例となっているが、引き続きメガホンをとる可能性もあるようだ。

クリストファー・マッカリー トム・クルーズ
出典:redosity




5作目「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、世界興収6億7377万ドル、日本でも50億円を超える大ヒットとなっている。
現時点では、シリーズ最高のヒットとなった前作「ゴースト・プロトコル」とほぼ同額である。


クリストファー・マッカリーは、1995年ブライアン・シンガー監督の「ユージュアル・サスペクツ」で第68回アカデミー賞脚本賞するなど多くの賞を受賞。

トム・クルーズの主演作では「ワルキューレ」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の脚本を手がけ、「アウトロー」ではメガホンも取っている。


「ミッション:インポッシブル」6作目は2016年の夏には撮影を開始させる計画のようだ。


情報源:variety







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment