X-MENスピンオフ「ガンビット」の新監督は、「ボーン・アイデンティティー」のダグ・リーマンに!?

チャニング・テイタムが主演するアメコミ映画「ガンビット」の監督候補として「ボーン・アイデンティティー」シリーズや「Mr.&Mrs. スミス」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」などを手がけたダグ・リーマン監督の名前が挙がっている模様。





「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督が手掛ける予定となっていたが、スケジュールの都合で降板。
その後任としてダグ・リーマンが交渉中のようだ。


ガンビットはX-MENのメンバーで元盗賊。
能力は、手に持った物体に破壊エネルギー(キネティック・エナジー)を込める事ができ、主にトランプを用いる。

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」ではテイラー・キッチュが演じていたが、本作ではチャニング・テイタムが務める。


映画「ガンビット」は2016年3月に撮影開始予定。
当初の2016年10月7日全米公開は延期されるものと思われる。


関連記事
X-MENスピンオフ「ガンビット」の撮影延期によりルパート・ワイアット監督が降板

映画「ガンビット」、「アサシンクリード」、リブート版「ファンタスティック・フォー2」の公開日を発表!
チャニング・テイタムを主演に、X-MENスピンオフ映画「ガンビット」が正式に製作決定!
ガンビットを主役にしたX-MENスピンオフ映画が制作される!?主演はチャニング・テイタム








ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment