漫☆画太郎「珍遊記」が松山ケンイチ主演でまさかの実写化!ポスター公開!

週刊少年ジャンプで連載された、漫☆画太郎のギャグマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」松山ケンイチ主演で実写映画化され、2016年2月27日に公開となる。


「珍遊記」は、1990年から1992年まで連載されたギャグマンガ。
横暴で傍若無人なかぶき者の山田太郎が玄じょうに調伏されてサルのような少年の姿となり、一緒に天竺を目指しながらその途中で様々な騒動を起こすストーリー。

映画は、「地獄甲子園」「漫☆画太郎SHOW ババアゾーン」など漫☆画太郎作品の実写映画を手掛ける山口雄大監督がメガホンをとる。
脚本はお笑いトリオ鬼ヶ島のおおかわらと、放送作家の松原秀が担当。

漫☆画太郎は「史上最低のクソ映画にしろって言ったのに、なんでこんなにおもしろくしたんだバカヤローッ!! 『◯◯の巨人』の監督に撮り直させろーーッ!!!」とコメントしている。

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

映画「珍遊記」は2016年2月27日に公開。







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment