トム・ヒドルストン&エリザベス・オルセン共演、実在のカントリー歌手を描く「I Saw the Light」予告編

トム・ヒドルストン主演、カントリー歌手ハンク・ウィリアムズを描く映画「I Saw the Light」から予告編が公開。

I Saw the Light






カントリー・ミュージックにおいて最も重要な人物の一人とされ、29歳という若さで亡くなったハンク・ウィリアムズを描いた自伝的映画。
1937年から1953年に活躍し、後の音楽に多大な影響を与えた。
アルコールと処方薬を摂取した後に心臓発作を起こし亡くなっている。

ハンク・ウィリアムズを演じるのは「マイティ・ソー」などのトム・ヒドルストン。
「GODZILLA ゴジラ」「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」などのエリザベス・オルセンが共演。

劇中でハンクが歌う曲は実際にトム・ヒドルストンが歌っている。


映画「I Saw the Light」は2016年3月25日全米公開。







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment