バス事故により主人公が死亡する、宮藤官九郎監督作「TOO YOUNG TO DIE!」が公開延期 イベントや試写会は中止へ

宮藤官九郎監督・脚本、長瀬智也神木隆之介が出演する映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が"スキーバス転落事故を想起させる可能性"により公開延期が決定した。

(c) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

公式サイトより:http://tooyoungtodie-movie.tumblr.com/
このたび、2016年2月6日(土)より全国映画館にて上映を予定いたしておりました映画『TOO YOUNG TO DIE!』の公開を延期することを決定いたしました。
本作品のシーンの一部ではありますが、先般のスキーバス転落事故を想起させる可能性がございますので、このような判断をさせていただきました。
公開を心待ちにされていたお客様におかれましては、何卒ご理解いただきたく存じます。
新たな公開時期につきましては、決定次第お知らせ申し上げます。
引き続き、ご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。
 なお、お買い求めいただきました前売券につきましては、延期いたしました後の公開でもお使いいただけますので、そのままお持ちください。
 また、公開延期に伴い、予定いたしておりましたイベント及び試写会は中止させていただきます。

関連記事
クドカン監督作「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」のキャラクタービジュアルが公開!
宮藤官九郎監督、長瀬智也、神木隆之介出演「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」ポスターが解禁!






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment