チャニング・テイタム人生最悪のオーディション!?「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の主役候補だった

「G.I.ジョー」や「マジック・マイク」に主演したチャニング・テイタムが、人気シリーズの3作目「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のオーディションで落選していたことをテレビ番組で告白した。


コーエン兄弟が監督を務める新作映画「ヘイル、シーザー!」の宣伝のため、テレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演。

その中で、テイタムは人生最悪のオーディションについて話した。

その作品は、2006年の映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」であり、テイタムが俳優として活動し始めた頃である。



オーディションでは取り乱し、台詞も覚えておらず、あまりにひどい出来にすべての審査が終わるよりも早く自らオーディションを中断して退席したという。

東京に行きたかった。東京でドリフトしたかった。と語った。








ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

ツイッター

フェイスブック






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment