「鉄腕アトム」ハリウッド実写化計画が進展!ワーナー・ブラザースが出資検討!

オーストラリアのVFX制作会社アニマル・ロジックが企画を進めている実写映画「鉄腕アトム」の権利を、ワーナー・ブラザースの一部門ニューラインが獲得しようと交渉を行っているようだ。


企画を立ち上げたのは、「LEGOムービー」「X-MEN: フューチャー&パスト」「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」など、ハリウッドの大作映画に多く関わっているオーストラリアのVFX制作会社アニマル・ロジック。
この件は2015年の2月に報じられている。

当初は、「LEGOムービー」の製作総指揮ザレー・ナルバンディアン、「アレクサンダー・アンド・ザ・テリブル、ホリブル、ノー・グッド、ベリィ・バッド・デイ」のジェイソン・ラストや「ハード・ソルジャー 炎の奪還」のマイク・キャラハンルーベン・ライバーらが製作に携わると発表。

ナルバンディアンは「アトムをアイアンマンと同等のヒーローとして見ている」と発言していた。


そして今回、ワーナー傘下のニューラインは既に「カリフォルニア・ダウン」をヒットさせた脚本家のアンドレ・ファブリツィオジェレミー・パスモアと交渉しているようだ。


情報源:hollywoodreporter







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告

■人気記事■


■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告


こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment