「世界侵略のススメ」マイケル・ムーア監督最新作が5月に日本公開決定

ドキュメンタリー映画監督として知られるマイケル・ムーアの最新作「Where To Invade Next」が、「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」の邦題で5月に日本公開されることが決まった。


アメリカの社会問題に迫る作品を多数手掛け、「ボウリング・フォー・コロンバイン」で第75回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞、「華氏911」で第57回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞など、評価を得てきたマイケル・ムーア監督。

最新作では、ムーア監督がアメリカの世界侵略政策に参加し、各国に存在する「あるモノ」を略奪するという。

アメリカ国防総省の幹部らは、これまでの侵略戦争の結果を省み、悩んだ挙句、政府の天敵である映画監督のマイケル・ムーアに相談をする。
幹部らの切実な話を聞き、ムーアは国防総省に代わって自らが“侵略者”となり、世界各国へ出撃することを提案する――。








ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告


こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■人気記事■




■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment