スパイダーマン・スピンオフ「ヴェノム」単独映画化企画が再始動!

2013年に製作発表された映画「ヴェノム」だったが、アンドリュー・ガーフィールド主演の「アメイジング・スパイダーマン」が終了したことにより企画が頓挫してしまった。
だがここにきて、今後公開される新作「スパイダーマン」とは関連性を持たせずに製作を再開させることになったようだ。


ヴェノムはスパイダーマンに登場する人気ヴィラン。
映画ではトビー・マグワイアが主演した「スパイダーマン3」に登場している。

「アメイジング・スパイダーマン」は終了したが、ディズニー・マーベルとソニーが権利を共有することになり、新たなスパイダーマンが「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で初登場した後、2017年に単独主演作が公開される予定。

しかし「ヴェノム」はソニー・ピクチャーズが単独で製作配給する模様。
したがって、新「スパイダーマン」とは関連の無い物語となりそうだ。

現在は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の初稿を執筆したダンテ・ハーパーが脚本を任されている。


情報源:hollywoodreporter







ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告


こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■人気記事■




■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment