トム・クルーズ主演「オール・ユー・ニード・イズ・キル2」企画進展!脚本家決定!

桜坂洋による日本のライトノベル「All You Need Is Kill」を、トム・クルーズ主演でハリウッド映画化した映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(原題:Edge of Tomorrow)」の続編企画に進展があった。


監督は引き続き「ボーン・アイデンティティー」のダグ・リーマンが手掛ける予定。
今回新たに脚本家として2人が起用されたようだ。
その脚本家は、ベルリン五輪の英雄ジェシー・オーエンス伝記映画「レース」ジョン・シュラプネルアナ・ウォーターハウス

前作で脚本に関わった「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のクリストファー・マッカリーも引き続き参加するようだ。

以前続編を企画するにあたって、リタ役のエミリー・ブラントにも声をかけたとトム・クルーズは話していた。

具体的なスケジュールはまだ明らかになっていない。


情報源:deadline







ニュース / 月間公開予定
予告編 / DVD発売 / プレゼント


こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■人気記事■




■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment