「ファンタスティック・フォー」は死なず!プロデューサーは失敗を認めつつも同キャストで続編を望む!

「X-MEN」シリーズや「デッドプール」などのプロデュースを手掛けるサイモン・キンバーグが、続編企画が白紙となってしまった「ファンタスティック・フォー」についてコメントした。


「ファンタスティック・フォー」(2015)は、「クロニクル」で鮮烈な長編映画デビューを果たしたジョシュ・トランク監督が手がけたリブート作。
「セッション」のマイルズ・テラー、「クリード チャンプを継ぐ男」のマイケル・B・ジョーダン、「オデッセイ」のケイト・マーラ、「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベルが主演した。

本作は批評家より酷評されており、興行的にも成功したとはいえない数字となっている。


プロデューサーのサイモン・キンバーグは「ファンタスティック・フォー」は失敗であったと認めた。
我々は多くのミスをした。しかし、そこから多くを学んだし、繰り返すことはないだろうと語る。

新たな「ファンタスティック・フォー」はダークな映画にしようとしたが、次回作はもっと明るい作品にしたい。
前作とは違う映画を作りたいと考えているが、キャストは同じにしたいと話した。


果たして「ファンタスティック・フォー」を続編として成功に導くプランを生み出すことができるだろうか。


情報源:collider


▶「ファンタスティック・フォー」関連情報







ニュース / 月間公開予定
予告編 / プレゼント


こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■人気記事■




■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment