アベンジャーズ関連作のトータル興収が100億ドル(約1兆円)を突破!

「アイアンマン」から始まった、世界観を共有して描かれるアメコミ映画シリーズ、マーベル・シネマティック・ユニバースの累計興行収入が100億ドルを突破したことが明らかとなった。


「アイアンマン」から「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」まで、9年間に13本の映画が公開されてきた。
そして「シビル・ウォー」において驚異の100億ドル(一兆円超え)を果たした。


13作品を収益が多い順に並べると以下のとおり

1位 15.19億ドル
「アベンジャーズ」

2位 14.05億ドル
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」

3位 12.15億ドル
「アイアンマン3」

4位  9.40億ドル(公開中/2週目)
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

5位  7.73億ドル
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

6位  7.14億ドル
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」

7位  6.44億ドル
「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」

8位  6.23億ドル
「アイアンマン2」

9位  5.85億ドル
「アイアンマン」

10位  5.19億ドル
「アントマン」

11位  4.49億ドル
「マイティ・ソー」

12位  3.70億ドル
「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」

13位  2.63億ドル
「インクレディブル・ハルク」


情報源:comicbookmovie


関連記事
「アベンジャーズ」関連作品、さらに2020年に3本の公開を発表!







ニュース / 月間公開予定
予告編 / プレゼント


こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■人気記事■




■更新記事■


ニュース / 月間公開予定
邦画予告 / 洋画予告 / アニメ予告






これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment