「クロニクル」監督新作でトム・ハーディ主演!ギャングのアル・カポネを描く



1920年代から30年代にシカゴ暗黒街に君臨したギャングのアル・カポネを描く映画「Fonzo」で、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や、ギャング映画「レジェンド 狂気の美学」などのトム・ハーディが主演するようだ。


1920年代禁酒法成立後シカゴを本拠に市の政界・警察を買収して売春、賭博、酒類密売により、巨額の収入を得て組織を拡大させていったギャングのボス。

映画「Fonzo」ではアル・カポネの晩年を中心に描く模様。


監督を務めるのは、デイン・デハーン主演の「クロニクル」や、リメイク版「ファンタスティック・フォー」を手がけ、新作「スター・ウォーズ」の監督候補にもなっていたジョシュ・トランク
脚本も監督が執筆するようだ。


情報源:ew












■人気記事■




ニュース
予告編
プレゼント
DVD&Blu-ray
Hulu情報



こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■更新記事■

ニュース
月間公開予定
邦画予告
洋画予告
アニメ予告









これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment