少女はウルヴァリンのクローンX-23で確定!映画「ローガン」からローラと題された写真が公開



「X-MEN」シリーズのスピンオフ映画、ウルヴァリン3作目「ローガン」から新たな画像が公開され、予告編にも登場している少女の正体が明らかとなった。

出典:instagram


ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンと共に旅をする少女の写真には「Laura/ローラ」と記されている。

これは、彼女の正体がウルヴァリンの女性クローンであるX-23ことローラ・キニーであることを示している。

原作設定では、ウルヴァリンと同じくヒーリングファクターの能力があるが、骨格全体にはアダマンチウムは結合していない。
腕から二本、足から一本ずつ、合金アダマンチウムの爪を出す。

元々はアニメオリジナルキャラクターとして登場している。


今作でヒュー・ジャックマンがウルヴァリン役から卒業してしまうため、それに変わるキャラクターとしてX-23を中心人物として描いてくプランもあるようだ。


ちなみに「X-MEN:アポカリプス」のラストシーンでウルヴァリンの血清が登場していることが、今作への伏線となっている。


映画「ローガン/Logan」は2017年3月に全米公開予定。
日本では2017年6月に公開される。




関連記事









■人気記事■




ニュース
予告編
プレゼント
DVD&Blu-ray
Hulu情報



こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■更新記事■

ニュース
月間公開予定
邦画予告
洋画予告
アニメ予告









これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment