SF小説を映画化した「スターシップ・トゥルーパーズ」がリブート!



「宇宙船ガリレオ号(月世界征服)」「輪廻の蛇(プリデスティネーション)」などが映画化されているSF作家ロバート・A・ハインラインの小説「宇宙の戦士」を映画化した「スターシップ・トゥルーパーズ」が新たな映画として最映像化されることが明らかとなった。


「スターシップ・トゥルーパーズ」は、「ロボコップ」などのポール・バーホーベン監督が1997年に製作したSF映画。


新たな映画化は、「スターシップ・トゥルーパーズ」とは関連性はなく、同じ原作小説「宇宙の戦士」を基にした別映画となるようだ。

「13日の金曜日」(09)や、ドウェイン・ジョンソン主演の劇場版「ベイウォッチ」の脚本を手掛けた、マーク・スウィフトダミアン・シャノンが執筆。

「ワイルド・スピード」シリーズのニール・H・モリッツ、リメイク版「トータル・リコール」のトビー・ジャッフェが製作を務める。

今後シリーズ化も視野に入れているようだ。


情報源:hollywoodreporter












■人気記事■




ニュース
予告編
プレゼント
DVD&Blu-ray
Hulu情報



こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■更新記事■

ニュース
月間公開予定
邦画予告
洋画予告
アニメ予告









これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment