映画「X-MEN:ダークフェニックス」監督決定!キャスト続投!悪役はジェシカ・チャステイン!?





「X-MEN:アポカリプス」の続編となる「X-MEN:Dark Phoenix(ダークフェニックス)」の監督が、シリーズの脚本やプロデュースを手掛けてきたサイモン・キンバーグが務めることが明らかとなった。

サイモンは、「Mr.&Mrs. スミス」「シャーロック・ホームズ(2009)」などの脚本、近年では「オデッセイ」「デッドプール」などの製作を手掛けている。

「X-MEN」シリーズでは、「ファイナルディシジョン」で脚本、「ファースト・ジェネレーション」で製作、「フューチャー&パスト」で製作・脚本・原案に携わっている。

「アポカリプス」から登場した若い世代にバトンタッチするものと思われたが、「ファースト・ジェネレーション」の中心メンバーであるジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルトらも続投する模様。


そして悪役は「ゼロ・ダーク・サーティ」「オデッセイ」などのジェシカ・チャステインが交渉中となっているようだ。

演じるキャラクターはリランドラとなる模様。
プロフェッサーXの恋人で、シーアー帝国の皇族。
テレパシー、超人的な体力を持つ。


映画「X-MEN:ダークフェニックス」は2018年11月2日全米公開予定。



情報源:deadline

関連記事
「X-MEN:アポカリプス」サイクロップスのバイザーや、セレブロのヘルメットなどのコンセプトアート
「X-MEN:アポカリプス」の本編未公開映像 ジーンが学園の子供たちに矢を射る!?

「X-MEN:アポカリプス」コンセプトアート 敵キャラクター・アポカリプス





■人気記事■




ニュース
プレゼント
DVD&Blu-ray
Hulu情報



こちらでも情報発信中

ツイッター

フェイスブック

友だち追加数

■更新記事■








これまでのニュース


Share on Google Plus
    Blogger Comment
    Facebook Comment